おすすめスポット&街情報Recommended spot & Town information

    • 赤羽八幡神社(名所)

      784年、征夷大将軍の坂上田村麻呂がひらいたと言われる由緒正しい神社だが、いろいろな見所がある。ひとつは境内の下を上越、東北新幹線のトンネルが通っていて、タモさんがみたらかなり喜ぶ鉄オタスポットになっている。鉄オタなら時間を忘れて見入ってしまうこと間違いなし。それに加えて、神社のマークが「∞」によく似ていて、関ジャニ∞のファン、通称「エイターさん」の聖地としても有名。

      詳しく見る
    • CAFÉ-B3(バー)

      昼から飲める赤羽の店のなかでも、ガヤガヤとした喧騒からはなれて、静かにジャズを聞きながら飲める個性的なバー。ランチも17時までやっているので、それにアルコールを追加して、小腹を満たすのにもピッタリ。こだわりのコーヒーなどもあり、待ち合わせにもちょうどいい。

      詳しく見る
    • 丸健水産(おでん、立呑)

      テレビでも何度も紹介された、赤羽を代表する立ち飲み屋。店頭でねるところから作っている、できたておでんを丸眞正宗のワンカップで流し込む幸せはなにものにも代えがたい。特にできたてふわふわのはんぺんは人気で、すぐに売り切れてしまう。ワンカップを半分くらい呑んだところで、50円を追加で払えば、おでんだしの「だしわり」をサービスしてくれる。寒いときはこれに七味をふって呑むのもオツ。

      詳しく見る
    • 米山(もつ焼き、やきとん)

      大正13年創業の、東京のもつ焼きのオリジンのひとつで、安くて新鮮なホルモンをこれでもかと味わえる。予約ができないので、オープンの30分から1時間前には行列ができ始めるので、余裕を持って訪問することが大切。メニューはその日の仕入れ状況によって変わるので、大将の説明をよく聞いて最初に一気に頼むのがマナー。昭和初期に迷い込んだような店の雰囲気を楽しみながら、最高の料理を味わおう。

      詳しく見る
    赤羽のマンガを見る
    • デンキヤホール

      浅草寺北の千束通りにある、創業100年の老舗喫茶店。当初は電気屋だったのだが、
      日露戦争で店の主人が徴兵され、婦人だけで営業できるということで喫茶店を始めたというのが店名の由来。
      名物は「ゆであずき」と「オムマキ」。甘辛く茹でた温かい「ゆであずき」は癒やしの一杯。

      詳しく見る
    • 花やしき通り

      008年に江戸の町並み風のファサードを統一した風情ある商店街。戦前から有名だった浅草六区と浅草寺の境内を結ぶ通りで、もんじゃ焼きや居酒屋などがそろう。花やしきは1853年オープンの江戸時代から続く遊園地。日本一古いローラーコースターは「落としたボルトは数知れず」というスリルを味わえる。

      詳しく見る
    • 並木藪蕎麦

      1913年に創業された「藪蕎麦」御三家のひとつ。『美味しんぼ』で蕎麦の屋台を引く若者を、山岡士郎がつれてきて「蕎麦つゆ」の味の研究をさせたのが、並木藪蕎麦。江戸生まれの藪蕎麦は、ファーストフードとしての出自をもち、水切りをしっかりとしないため、更科と違ってつゆの味が非常に濃いのが特徴。ほんのちょっとだけつゆに浸して、一気にすすり上げるのが藪蕎麦のマナー。

      詳しく見る
    • 浅草三業会館

      「三業地」とは料亭、芸者置屋、待合の3つの風俗業を許された地域のこと。
      三業会館は花街と呼ばれた歓楽街のなかにあり、
      芸者などの紹介やホールの貸出、浅草の芸者さんの「浅草おどり」などを企画実施している。

      詳しく見る
    浅草のマンガを見る
    • いろは会商店街

      1968年にスタートした『あしたのジョー』は高度成長に湧く東京の建設を支える日雇い労働者の街、山谷を舞台にスタートした。
      その山谷の労働者の生活を支えたのがこの商店街。矢吹丈の等身大フィギュアなどが設置されていてファンには嬉しい限り。

      詳しく見る
    • 花月堂

      都電荒川線の三ノ輪橋停留所から徒歩5分ほどの老舗和菓子店。
      和三盆を使った干菓子は、ANAのファーストクラスでもお茶菓子として出される、優しい味で、さくら、金魚やあじさい、紅葉などの季節のモチーフで見た目も美しいお菓子。手土産に圧倒的におすすめ。

      詳しく見る
    • 浜作もんじゃ会館

      荒川区の公式おやつといってもいいほどのメジャー感、もんじゃ焼き。
      もちろん町屋駅周辺にもたくさんのもんじゃ焼き屋さんがある。そのなかでも一番の人気を誇るのが「浜作もんじゃ会館」。土手を作らない荒川風のもんじゃをこころして食せ。

      詳しく見る
    • 町屋駅

      荒川区の中央に位置するターミナル駅で、千代田線、京成本線、都電荒川線が乗り入れる。
      徒歩5分程度で荒川自然公園があり、環境も良い。荒川自然公園の脇を流れるのは隅田川。ちなみに荒川区には荒川は流れていない。

      詳しく見る
    町屋のマンガを見る
    • レンタルスペース金魚亭

      元々、瀧乃寿しというお寿司屋さんだった場所が、1日から借りられるレンタルスペースの金魚亭になっています。
      今ではコーヒー屋さんや八百屋さん雑貨屋さんなどいろいろな形で使われています。内田康夫の推理小説、「浅見光彦シリーズ」では、北区西ヶ原に住んでいる設定になっていて、ミステリーに関連したイベントも行われている。

      詳しく見る
    • 第二中里踏切

      山手線で最後に残った踏切がここ。
      1時間のうち、遮断時間が40分を超える開かずの踏切だが、近隣に地下道などがあり、交通量は少なく、渋滞が起きていることはまれ。鉄オタにとっては2020年に出される踏切の廃止計画が注目されています。

      詳しく見る
    • 霜降銀座商店街(しもふりぎんざ)

      JR山手線駒込駅・東京メトロ南北線駒込駅から歩いて5分。
      道幅は3~4メートルと狭く、全長は250メートルほど。魚屋、八百屋、果物屋。スーパー、精肉、生活雑貨。 ラーメン、焼鳥、洋菓子、パン屋など、なんでも揃う1956年から続く商店街。

      詳しく見る
    • ガンコンヌードル

      駒込駅東口にある、「ロックとソウルミュージック」を愛する店主がオープンした「岩(ガン=ロック)魂(コン=ソウル)ヌードル」。
      エビを大量に使った都内でも最高の「エビ感」が味わえるつけ麺や塩ラーメン、レモンの爽快感にどっぷりハマるレモンそばなど、オリジナルメニューが人気。食べログも3.6。

      詳しく見る
    駒込のマンガを見る
    • 草加公園

      東京ドーム4個分の広さがある総合公園です。美しい水辺があり、野鳥や昆虫、草花などが観察できます。夜間照明付きの全天候型テニスコートや陸上用のグラウンド、軟式野球場が2面、ソフトボール場が2面、サッカー場が1面あり、休日にはリラックスしながら体を動かす市民がたくさん集まります。春には「そうか桜」、8月には花火大会があり、草加市民の憩いの場所になっています。谷塚からだと、車で15分程度、公共交通機関や自転車なら30分程度の距離です。家族でゆっくり過ごすのに最適の公園です。駐車場も350台分ありますので、車でも便利です。

      詳しく見る
    • ルドリ(インド料理)

      谷塚駅徒歩5分のインド料理店です。昼はタンドリーチキン、4種類以上のカレー、食べ放題の焼きたてのナン、インド風のコロッケ、ヨーグルトのデザートが食べ放題でなんと880円です。しかも安い店のバイキングにありがちな安っぽさが一切なしです。夜のメニューは南インドのオーセンティックな料理もあり、インド料理ファンが遠方からも集うような有名店です。スパイシーなインド料理でビールも進みますが、実はワインも焼酎もあり、リーズナブルにインド料理で酔っぱらえます。

      詳しく見る
    • 新鮮市場

      谷塚駅東口から徒歩7分にある、近隣随一の安売りスーパーで、草加だけでなく、近隣の足立区などからも人が集まります。名前の通り、新鮮な野菜・肉・鮮魚がリーズナブルな価格で手に入る。特にチラシ商品の安さは特筆モノ。品揃えも大きな塊肉から、お惣菜、鮮魚ゾーンでのお寿司などもあり、それも激安なのが嬉しい。草加住民のお財布の味方です。

      詳しく見る
    • 谷塚駅前

      谷塚駅前には、いなげや、ダイソー、マツモトキヨシ、ローソン、マクドナルドなどがあります。いなげやは夜11時まで開いているので、夜遅くなっても買い物には困りません。家系などのラーメン店も10軒近くあり、食事を簡単にすませたいときにも便利です。

      詳しく見る
    谷塚のマンガを見る
    • サンズハウス

      うめ(小沢高広/妹尾朝子)の描いた街歩きマンガ『ブラガール』のイラストが目印。内見を案内する社員がとてもフレンドリーで、質問にもとても丁寧に答えてくれる。自社物件をたくさん保有しているのも強みの日暮里・西日暮里・谷根千に強い不動産屋さん。

      詳しく見る
    • 夕焼けだんだん

      谷中銀座商店街の入り口にある階段で、ここから見える夕焼けが美しい。谷中銀座で焼き鳥やメンチカツなどのお気に入りのおつまみを買って、夕焼けを眺めながら飲むビールは最高。ときおり階段で座って楽器を弾いている若者もいて、単なる階段でこんなに楽しめる場所はここをおいて他にはない。

      詳しく見る
    • 大屋商店

      日暮里駅東口、ステーションガーデンタワーの2階にある、日暮里の駄菓子の問屋街の最後の生き残りがこの「大屋商店」。すべての駄菓子が卸価格で、もちろん一般人がふらりと入っても普通に購入できる。近所のお医者さんが、注射に泣かないで我慢できた子どもたちのためにお菓子を大人買いしていたりして、癒される。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の64巻にも日暮里の駅前の駄菓子問屋は登場している。おかみさんと話すと帰るときに「おやつ」を貰えることがある。

      詳しく見る
    • LIGHT&PLACE 湿板寫眞館

      幕末の志士たち、とくに坂本龍馬の「あの写真」で有名な湿板写真でポートレートを撮れる写真館。店主の和田さんのこだわりはすごくて、1860年代の上野彦馬(龍馬の写真を撮った日本で最初の写真家)の調合で焼付をしたり、写真マニアだった徳川慶喜の文献を読んで当時の写真を再現している。ポートレートは全て予約制で2万円から。衣装や小道具の貸出もやっている。

      詳しく見る
    西日暮里のマンガを見る
    • ドンレミーアウトレット

      ケーキなどのデザートのアウトレット。
      爆安でプリンアラモードやロールケーキなどが常に揃っています。食べ過ぎ注意!!

      詳しく見る
    • バードコート

      ミシュラン1つ星の焼き鳥の銘店だが、とてもリーズナブル。
      予約必須の人気店。鳥の希少部位もマスターに聞きながら色々味わえます。

      詳しく見る
    北千住のマンガを見る

お部屋探しならサンズハウス賃貸

賃貸物件をお探しの際は、お気軽にお問い合わせください。
スタッフがあなたにぴったりのお部屋探しをお手伝いさせていただきます。

賃貸物件をお探しの際は、
お気軽にお問い合わせください。
スタッフがあなたにぴったりのお部屋探しを
お手伝いさせていただきます。

サンズハウス賃貸を見る